トナーの種類

トナーカートリッジとはコピー機やレーザープリンタで使われているもので、プラスチックなどでできた専用の容器に粉末状のインクをつめたものです。トナーカートリッジにはいくつかの種類があり、品質や値段も様々です。まず一番一般的なものは「純正品」と呼ばれる機器メーカーが販売しているものです。ブランド品と呼ばれることもあり、コピー機やプリンタを製造しているメーカーが作っているものですので品質が安定していますから、印刷を行った時にムラなどの心配がありませんが、価格は一番高いです。国内で製造している国内純正品と海外で作られている海外純正品があり、海外で作られている海外純正品は国内製同様、品質が安定しており、価格は少し安く購入することができます。

「汎用品」はメーカーが製造したものですが、メーカーブランドの商品としてではなく一般に販売されているものとして出荷されるもので、純正品と同じものですが、価格が安く販売されています。一番価格が安いのはリサイクル品で、メーカー純正のものとそれ以外のものがあります。メーカー純正のリサイクル品は新品より価格が安く、品質も安定しています。一般のリサイクル品は純正価格の半額以下で購入することができ大変便利ですが、新品トナーに比べると不良率が高く、トラブルが起こる可能性も高くなりますので、常にいくつかのストックを準備しておいたほうがよいでしょう。しかし、リサイクル品は環境保護の観点からも注目を集めており需要が高まっています。